セミナー 資料・動画 メンバーログイン

自ら変化を創り出すリーダーが
求められている

あらゆる面で、これまでのやり方が通用しなくなってきています。

現代の経営を担うリーダーには、変化に対応すること、
そしてそれ以上に、自ら変化を創り出すことが求められています。

そのためにリーダーは、自身を変化させ続ける必要があります。
そして、自ら変化を起こすことのできる組織づくり、それもリーダーに期待される役割です。

リーダーを起点とし、
組織全体の変革をドライブする

私たちは関わりの中に存在しています。

リーダーの変化は、周囲の人の変化につながり、
さらにその周辺の人たちに広がっていきます。
そして、その変化はやがて組織全体の変化となるのです。

反対に、リーダーが変わることなく組織が変わることはありません。
では、「リーダーの変化」とはいったい何が変化することなのでしょうか。

視点が変わる
自分や周囲に対する認識が変わる
「コミュニケーション」についての解釈が変わる
関わる人や関わり方が変わる
自分の役割に対する意味づけや覚悟が変わる
自分に向ける問いが変わる

例えばこれらの変化は、コーチとの対話を通して起こる変化です。
これをたった一人で起こすのは、決して容易なことではないでしょう。

エグゼクティブコーチングの
アプローチ

Feature 01

継続的な対話のプロセス

エグゼクティブ・コーチングとは、経営判断をする立場にある人が、特定の期間内で、経営活動にポジティブな変化を起こすために、専門のトレーニングを受けたコーチと定期的に対話をすることです。そこでの対話は双方向で交わされるものであり、コラボレイティブに新しい視点と意味をもたらすプロセスです。

Feature 02

エビデンス・ベーストの独自のコーチングアプローチ

エグゼクティブ・コーチングは、下図のようにリサーチとコーチングを繰り返しながら行われます。その目的は、リーダーの洗練と、リーダー開発を通じた組織開発です。リーダー自身の変化、周囲の変化、更には組織の変化をエビデンスベースで、定期的にリーダーご本人にフィードバックしていきます。

リサーチとコーチングを繰り返し
Feature 03

多様なコーチ陣、およびリサーチのプロフェッショナルによるチームベースト・コーチング

国際コーチング連盟(ICF)認定のプロフェッショナルコーチが多数在籍

グローバルスタンダードな資格(ICFの認定コーチ資格)を持つ100名以上のコーチが正社員として在籍しています。その中からクライアントに最もマッチしたコーチをアサインします。

エビデンスベーストのコーチングを可能にするコーチング研究所

コーチング研究所のプロフェッショナルリサーチャーによる、独自のサーベイや分析を活用した、エビデンスベースのコーチングをご提供します。

プロジェクト毎にコーチングチームを編成

クライアントのゴールに向け最適なチームを編成し、チームでクライアントをご支援いたします。