セミナー 資料・動画 メンバーログイン

コミュニケーションが変わらなければ、
人の意識も組織も変わらない

コミュニケーションを変えるということは、コミュニケーションの取り方を変えるということではありません。人は、自分が理解している/体験している以上のコミュニケーションはできません。コミュニケーションを変えるということは、スキルを覚えることではなく、
コミュニケーションに対する意味や目的、解釈が変わることです。それは単に理解だけではなく「体験」に基づくものです。
DCD(Driving Corporate Dynamism)では、リーダー自身が、コミュニケーションを再解釈する「体験」をし、ステークホルダーがリーダーとして成長するための、新しい関わりを手にします。

組織を率いるリーダーが抱える共通の問題意識

  • 経営視点で周囲を巻き込んで思い切った改革をする真のリーダーを育てたい
  • 俊敏な変化を個人の力ではなくチームの力で発揮できるようになってほしい
  • 現場からいくつもの新しい挑戦が生まれる組織をつくりたい
  • これまでの慣習にとらわれることなく、変化を起こす文化を醸成したい 
  • ビジョンの浸透と達成に向けた具体的な行動を促したい

リーダーを起点とした
組織全体の開発

DCDのプロセス

リーダーは、コーチングを通してステークホルダーをリーダーとして開発する。そのプロセスの中でリーダー自身もリーダーシップを、さらに洗練させていく。

ステークホルダー:部下や周囲のキーパーソン

DCDのプロセス

DCDの構成要素

基本的なコーチングスキルの習得と実践だけでなく、自身でコーチングを受ける体験からフィードバックまで、組織全体の開発をDCDではサポートしています。

  • オンラインクラスで基本的なコーチングスキルを学ぶ
  • 参加者とステークホルダーが継続的・定期的にコーチングを実践する
  • プロのコーチからコーチを受ける
  • 自分自身のコーチ能力や影響力についてフィードバックを受ける
DCDのプロセス