Assessmentアセスメント

アセスメントによって人を動かす、組織を動かす。Assessments

経営者はじめ組織のリーダーは、目指すべき方向を決め、日々、組織をドライブしています。その目指すべき方向に力強く組織が動くためには、組織の現状を把握し、それに適した舵取りを行う必要があります。 リーダーが、目指したい組織の状態と現在の組織の状態とのギャップを正しく把握することが、効果的な一手を見い出す第一歩であると考え、これまで約700社50,000人のリサーチを実施してきました。 組織の業績を根底から支えている「人と人との関係性」を、定量データ・定性データの両側面から各種調査ツールを用いて定期的にメジャメント(測定)し、正確な現状を把握することが理想の組織の実現に繋がります。リーダーが現状を受け止め、行動につなげていくリサーチを実施します。リーダーに現状をフィードバックし、次のアクションを問いかけるのです。

Socio-Radar

「Socio-Radar」は、IoT (Internet of Things) の技術を用いて開発した組織内のコミュニケーションを可視化するためのサービスです。測定された結果を見ながら、目標達成に向けたリーダーシップのあり方と組織内のコミュニケーションネットワークの再構築について考える機会を提供します。

» Socio-Radar | コーチング研究所(CRI)

Presence Awareness

「Presence Awareness for meeting」は、会議中の自分の表情や態度(ノンバーバル)を、写真を使って客観的に振り返るためのサービスです。普段見ることができない自分のノンバーバルがどのように周囲へ影響しているのかを捉え直し、行動を変えるきっかけを提供します。

» Presence Awareness | コーチング研究所(CRI)

DACG(Dialogue Assessment for Corporate Governance)

「Dialogue Assessment for Corporate Governance (DACG)」は、取締役会が企業価値向上に向けた場になっているか否かを明らかにします。取締役会の活性度評価、取締役個々人のリーダーシップ、取締役間の対話の測定を行うことで、コーポレート・ガバナンスの起点となる取締役会の「今」を認識していただく機会を提供します。

» 調査ツール | コーチング研究所(CRI)

» お問合せ

Leadership Assessment(LA)

「Leadership Assessment (LA)」は、対象者のリーダーシップ力を上司、部下、同僚からの360度評価で測定するアンケート調査です。このアセスメントでは、対象者のリーダーシップ力を可視化することができます。このリーダーシップ・アセスメントでは、リーダーシップを、「ビジョン」「信頼基盤」「戦略推進」「関係構築」の4つの観点から測定しています。優れたリーダーは「自己認識力が高い」とされています。自らの強みや弱みを理解しているリーダーほど、リーダーシップを発揮することができるということです。このアセスメントでは、対象者の部下や上司、同僚からの360度フィードバックにより、対象者が自らを客観的に見つめ直す機会を提供します。

» Leadership Assessment(LA) | コーチング研究所(CRI)

EMI(Executive Mindset Inventory)

Executive Mindset Inventory(EMI)は トップエグゼクティブのリーダーシップとその組織の現状を棚卸するアセスメントです。直属の部下だけでなく全社員から回答を得るため、組織についての情報を幅広く収集できます。また、対象者と回答者の認識の違いを可視化することで「自己認識力」「組織把握力」を算出します。

» 調査ツール | コーチング研究所(CRI)

COMPass

「COMPass」は、組織内の「人と人との関係性」の現状を定量的に測定するアンケート調査です。このアセスメントでは、管理職やリーダーのメンバーとの関わり方について調査することで組織内の雰囲気、土壌を明らかにします。"関係性"の中でも特に組織内部の関係性の土台を担っている「上司と部下の関係性」に着目して生まれたのが、コミュニケーション・インフラという概念です。コミュニケーション・インフラの充足度を測定し、組織がより高いパフォーマンスを出すために解決しなければならない課題を分析・レポートします。

» COMPass | コーチング研究所(CRI)

サービス一覧Our Service

コーチ・エィは、リーダーを起点に組織全体の能力開発を可能とする独自のコーチング「システミック・コーチング」のメソッドに基づき、組織の業績向上を支援します。下記は、システミック・コーチングに含まれる3つの要素です。