NEWSニュース

コーチング研究所レポート「コラボレイティブな関係を築いている経営チームの特徴」発表のお知らせ

2020年6月8日

株式会社コーチ・エィ(東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木義幸)のリサーチ・研究部門、コーチング研究所は、2020年6月8日、会社の持続的な成長のための経営メンバー同士の関係性に関するレポート「コラボレイティブな関係を築いている経営チームの特徴」を同研究所のウェブサイトで発表しました。

「経営メンバー同士の対話のつながり」および「経営チームの状態」

コーチング研究所では、企業の経営チームにおける<経営メンバー同士の対話のつながり>および<経営チームの状態>について、定期的に調査を実施。企業理念やその実践に向けて<経営メンバー同士の対話のつながり>が相対的に多いときを「コラボレイティブな関係を築いている経営チーム」、少ないときを「コラボレイティブな関係を築いていない経営チーム」と分類して分析をしたところ、コラボレイティブな関係を築いているチームに見られた特徴は以下の3つでした。

  • 業務執行範囲を超えて意見を伝え合うこと
  • 個人の利益や派閥にとらわれない建設的な関係
  • 互いへの感謝やねぎらいの伝達

レポートの詳細はこちらからご覧いただくことができます。

調査概要

調査対象:調査を複数回実施した合計23回分のデータ(6社のべ299人の経営メンバー)
調査内容:Dialogue Assessment for Corporate Governance™(DACG™)
調査期間:2016年1月~2019年9月

コーチング研究所では、組織のリーダーを対象としたリサーチ結果をもとに、リーダーシップやコーチングの効果などに関するレポートを発表しています。これまでの調査レポートはこちらからご覧ください。

■本件に関するお問合せ

株式会社コーチ・エィ コーポレート・コミュニケーション 神野(かんの)

こちらのフォームよりお問合せください。

TOP