Coach A Co., Ltd

  • fb
  • in
  • fb
  • in
2020年度新卒総合職エントリー開始 ENTRY中途採用募集中の職種

CAREERS INFO

コーチ・エィで働く

募集職種

新卒採用

中途採用

■エグゼクティブコーチ

■コーチング研究所

■Webエンジニア

  • 詳細・登録はこちらから
  • ※2016年9 月以前にスカウト登録をご利用いただいた方へ※
    恐れ入りますが、2016年10月よりスカウト登録を廃止し、正式応募をスタートさせる運びとなりました。
    選考をご希望の場合、大変お手数ではございますが、再度応募フォームよりご登録頂ければと存じます。
    ご不便をお掛け致しますが、ご理解のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

勤務条件

定年 60歳
給与 年俸制(経験、年齢、前給を考慮のうえ、当社規定により優遇いたします)
待遇 昇給年1回、査定面談年2回、交通費支給
休日・休暇 完全週休2日制(土・日)、祝日、夏季休暇、年末年始休暇、年次有給休暇、慶弔休暇、産前産後休暇、育児休暇、介護休暇
勤務地 東京(千代田区九段南)
※海外拠点への転勤の可能性あり(ニューヨーク、上海、香港、バンコク、その他)
勤務時間 9:30~17:30(一部みなし労働あり)

福利厚生

  • 各種社会保険完備(健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険)
  • 退職金制度(在籍1年以上)
  • 財形貯蓄制度(希望者のみ)
  • 確定拠出年金制度(希望者のみ/本人拠出のみ)
  • 年次有給休暇(初年度10日、最大年20日)
  • リフレッシュ休暇(勤続5年以上、以降5年ごと、最大20日)
  • 出産休暇、育児休業
  • 慶弔休暇
  • 時短勤務制度
  • コーチング学習プログラム受講(自社プログラム)
  • 勤続表彰制度
  • 忘年会
  • 各種クラブ活動(フットサルなど)

よくある質問

Q1

どのような人材を求めていますか。

コーチ・エィでは主体的に業務に取組んでいただける方を募集しています。
具体的には、
「高い目標を持ちそれを達成していく意欲を持っていること」
「受け身ではなく自分で仕事をつくりだせること」
「現状にとどまることなく学び続ける姿勢を持っていること」
そのような方にご入社いただけることを願っています。 

Q2

前職はどのような業界の出身者が多いのですか。

様々なバックグランドを持つ方にご入社いただいています。金融、コンサルティング、人材、メーカーなど出身は様々で、それぞれの領域で培ってきた強みを活かして活躍してもらえるよう、選考につきましては、これまでのご経験を幅広く考慮して、検討させていただきます。
「コーチング」という言葉から、人事領域に特化したバックグラウンドの方が多い印象を受けるかもしれませんが、弊社は組織変革を行うビジネスのコーチングが主体のため、あらゆる業界・業種のビジネスのプロフェッショナルを求めています。経営や組織変革に興味がある方、お待ちしております。

Q3

希望勤務地から離れた場所に住んでいるのですが、面接を受ける場合、スカイプ等のツールの利用は可能でしょうか。

可能です。ご希望の場合はお問い合わせください。

Q4

会社の雰囲気について教えてください。

それぞれに経験を持ったスタッフをお互い尊重し合い、職場内も活気に溢れています。特に若い社員であっても自分の意見は求められますし、やりたいと思ったことは責任を持ってやってもらうような環境です。
スタッフ同士のコミュニケーションは多く、社内に設けているカフェスペースで簡単な打ち合わせを行うこともあり、対話を通じて物事を前進させていく社風です。また、何事も楽しく、主体性を持って取り組むスタッフが多いのも特徴です。

Q5

今後、さらに海外拠点を作っていく予定はありますか。

現在、東京、アメリカ・ニューヨーク、中国・上海、香港、シンガポール、タイ・バンコクに拠点を構えております。今後も世界中のリーダーの方々をコーチしていくことを目指して、多くの拠点を開設していくことを目指しています。

Q6

外国籍のスタッフも活躍しているのでしょうか。

はい。弊社では日本人だけでなく、アメリカ、タイ、中国、フランス、ロシアなど様々な国籍を持つスタッフが所属しています。日本語だけでなく、英語や中国語もオフィスで耳にすることが多くなりました。それぞれの強みを活かして活躍しています。

Q7

営業のやりがいや楽しさについて教えてください。

経営層にむけてのエグゼクティブ・コーチングや、コーチングを活用した企業の組織変革を提案していく大型のプロジェクトを進める中で、プロジェクトマネジメント、営業、1on1コーチングなど幅広い業務に携わることができます。また、商談時から企業のトップ、経営層へのアプローチが可能で、大きなBtoBビジネスに携わることができるのも弊社の仕事の魅力です。

Q8

海外出張の機会はありますか。

頻繁にということではありませんが、海外企業を相手に進める案件の発生時や、プロジェクトのフォローアップなどで出張に行く機会は増えてきております。

Q9

社内で使われている言語について教えてください。

基本的には日本語となりますが、バックオフィスの場合、日本語を話さないスタッフもおりますので、英語も社内で聞く機会が増えています。

Q10

入社後のキャリアパスについて教えてください。

<新卒の場合>
約3か月間は幅広い能力を身に着けてもらうために、コーチング研究所等で経験を積む予定です。その後は、プロジェクトメンバーに加わっていただき、ビジネス開発(営業)やプロジェクト全体のマネジメントをしながら、同時に企業のマネジメント層へ向けたコーチングを担当します。20代後半でマネージャーとしての部下育成やプロジェクトリーダーを経験し、30代では経営者へのコーチングをするエグゼクティブコーチとしてのご活躍を期待しています。

<20代~30代前半の場合>
プロジェクトマネジメントとして、プロジェクト全体を進行していくための一連の流れに携わりながら、ビジネス開発(営業)として、案件の発掘、受注までの商談を担当します。また同時に、企業のマネジメント層へ向けたコーチングからスタートし、30代後半では経営者へのコーチングをするエグゼクティブコーチとしてご活躍を期待しています。その他、マネージャーとして部下育成、会社全体の新規事業立案、プロジェクトのオーナー等もお任せします。

<30代後半~の場合>
経営者または上級幹部への1対1のエグゼクティブ・コーチングを担当します。また、即戦力としてすぐに法人営業活動を開始していただき、案件のオーナーとして大型案件のマネジメントも担当します。実績に応じて、弊社の部門統括・拠点展開・経営にも参画していただくことを期待します。

Q11

「コーチング」というと「研修」や、「1対1」のイメージですが。

弊社のビジネスはグループの研修事業ではなく、組織変革に向けた1対1のコーチが主体です。また、1対1というとチームで働かないイメージがあるかもしれませんが、弊社が得意とするご支援は大規模な組織変革プロジェクトであり、プロジェクトベースでチームを組むことのほうが多くなっています。

Q12

コーチング研究所のリサーチャーというのはどのような業務ですか。

弊社のリサーチャーはお客様と共にKPIを設定し、組織を可視化していくコンサルタントに近い立場になります。例えば組織変革などを目的としたプロジェクトなどでは、組織変革の度合いを可視化するための指標を顧客とともに設定し、実際に調査を行い、コーチと肩を並べてフィードバックする立場にあるのがリサーチャーです。専門性を持って顧客にサービスを提供するプロフェッショナルな存在です。

Think together

コーチ・エィで共に働こう